川村透事務所 | モチベーションアップのセミナー・研修・講演講師

事例・実績

事例3 本田技研工業株式会社 浜松製作所

講演テーマ

クライアント様のリクエスト

今回、40人以上の部下を抱えるユニットリーダー40人を対象に、彼らのコミュニケーション力、マネジメント能力を高めるため、コーチングスキルを身につけてもらいたいと考えております。内容は、できれば聞くだけでなく、各自が自主的に参加できるようなもの、また実際にある事例を扱ったケーススタディを取り入れたものでお願いしたいと考えています。

講演打ち合わせ

講演の目的

部下に夢を持って活き活きと働いてもらうため、人のマネジメント力を高める。
聴講者層

40人以上の部下を抱える現場の管理責任者約40人。年齢層は40代~50代後半。
ご希望など

聞くだけでなく、参加型のものを。また実際の事例を用いてリアリティを出したい
ご提案

全員参加型のワークショップ形式で、「コーチングのススメ」という約3時間のプログラムを構成しました。コーチングの定義にはじまり、ペアになっての聞く、問いかけるの実習、最後にはケーススタディを取り入れ、部下のやる気を引き出す会話例をグループで作成し発表をしました。

講演の流れ



1. コーチングとは?(40分)
・指示型コーチvs問いかけ型コーチ
・コーチングの定義
2. 3つの基本スキル(40分)
・聞く
・問いかける
・伝える
3. GROWモデル(20分)
問題を把握し、行動を促す会話のフレームワーク
4. ケーススタディ(30分)
実際によくある事例から
5. コンテスト&表彰(30分)
各チームで考えた会話例を、寸劇風に前で発表。最後に全員で投票し、優秀チームを表彰
6. 振り返り(20分)
今日学んだこと、気づいたことをシェア

参加者アンケート


主催者の感想

一人一人が得るものがあった
 今回、講演会とワークショップをお願いしましたが、川村さんにお願いしてよかった!と心から感謝しています。始めの第一印象は、ラフな服装にリュックといういでたちでしたので「正直、この人に任せて大丈夫なんだろうか?」と不安になりました。が話をさせていただくにつれ、川村さんの人を包み込むようなホンワカとした人柄と、その中に一本の芯が通ったものを感じ、この人なら大丈夫だと安心をしました。講演者としてというより、一人の人間として好きになりました。講演、ワークショップは、ともに笑いの中からすっと入りこんでしまうトークで、参加者一人一人が何か得るものがあったと思います。開催後の一言コメントも前向きなものばかりで、主催者としては嬉しい限りでした。本当にありがとうございました。


次のページ「参加者・主催者の声」 他にも多くの企業・団体様から感想をいただいています
講演のご依頼は、講演依頼.com から受け付けております
講演会・講師紹介の講演依頼.com  講師:川村透プロフィール

担当者より: 川村さんの講演は、楽しい中にも学びがある、そんな90分です。私が直接、肌で感じた感想をお伝えします。「こんな意図を考えているんだが」「こういう気づきをしてほしい」などどうぞお気軽にお問い合わせください。